ドローンパーツの進捗

前回、型作ってパーツの制作を狙ってみたんだが、ロウを流し込むとPLAが変形することがわかる(´・ω・`)

しょうがないので、型でのロウパーツ制作はあきらめ、シリコン型を作ることにした。

前回の書き込みで、パーツが小さいし細かくて粘土を使ったシリコン型の制作が難しく、3Dプリンター型を使ってみようとしたんだけど、元には戻れない。
その為、シリコン型を作るための3Dプリンター型を作ることにした。

シリコン型を作るための3Dプリンター型

CAD上でXORのXORになるので、慣れるまで悩んだw
慣れたらサクサク作れるようになったので、今後は作りやすいだろう。
シリコン型は3種類



シリコン型にロウを流し込むと、これも初だったのでなかなか難しい。
粘度が高いので、細かく奥行きがある部位に入っていかない。
あと、ロウなので、何度も流用(失敗したやつは溶かして再利用)できると思ったら、ロウは何度も熱を入れると粘度がどんどん上がっていく感じで、細かい形状は難しい。
初めて溶かした粘度の低いロウを流し込んでも、なかなか細かい部分に流れ込まない。
結局、できたものをベースとして半田ごてで整えながらやすりで削って形状を作るを繰り返すことで出来上がった。

3Dプリンターで出力したやつと、シリコン型で作ったロウパーツ
次に出来上がったロウパーツをツリー上にする。
やったことないので、とりあえず流れ込みやすいように斜めに分岐させた

これを石膏で固める

石膏もすったもんだがあったんだが、そこを書き出すと長くなるので、比率と時間には注意しなきゃならんって事だw
丁度サイズ的によかった紙パックを使った。

次に石膏を焼いてロウを気化させなくてはならないのだが、炉がうちにはない。
なので、コンロを使って直に焼いてみた。

しかし、熱が反対側まで伝わらない。
このサイズの石膏には火力が足らないようだ。

マジで困った…オーブンもないし、焼くにはどうすればいいのか…

なんか焼くための装置がないか、友人に聞いてみると。。。

どうもペール缶を持ってるとの事
ペール缶で炭を焚いて焼こうと計画し実行!

流石、炭であるw
良い具合に温度が上がるw
ロウが溶けてぐつぐつとロウが沸き立ち、次第に気化して煙しかみえなくなった。
煙が出なくなったので、全部気化したことと判断。
石膏を取り出し、金属を流し込むための準備。
とりあえず、穴の入り口が小さすぎるので大きくしようとカッターで削る。
しかし、削ったゴミが中に入っていくんで出さなくてはと思いひっくり返そうとしたら。。。

ポキーン!!

折れて終了( ;∀;)
ロウの型はきれいにできてるから、流し込めれば大丈夫だったんだろうけど、折れてしまったんで、これ以上は無理。

問題点

今回の制作過程での問題点は3つ

・石膏が大きすぎて熱がなかなか入らない
・石膏の耐熱温度は750度、炭は800度以上。
どうしても、温度が高すぎるので石膏がもろくなる
・金属を流し込む穴は小さすぎると、金属が流し込みにくい

次はうまくやれる希ガス!w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です